抗真菌解説所

抗真菌の医薬品の種類

キノコ真菌というのはカビやキノコ、酵母の事を指し、中には我々の身体に感染して悪さをする真菌もいて、真菌に感染する事によって発症する感染症を真菌症と言います。
真菌症として有名なものとしては水虫が挙げられますが、その他にも様々な真菌症があります。
身体の皮膚の表面や角質で留まる真菌症の事を表在性真菌症、皮下組織や爪に及ぶ場合は深在性皮膚真菌症、身体の内部の臓器にまで及ぶ場合は深在性真菌症とそれぞれ言い、表在性真菌症の場合は体の表面部分であるために外用薬を用いますが、外用薬では効果が薄い場合は内服薬や点滴を用いて治療を行います。

抗真菌薬にはいくつか種類がありますが、その仕組みというのは人の細胞と真菌の細胞の違いを利用しています。
人の細胞は細胞壁をもたずに細胞膜はコレステロールで主に構成されているのに対し、真菌の場合は細胞壁をもち細胞膜は主にエルゴステロールで構成されているという違いがあります。
例えば、抗真菌薬としてアゾール系と呼ばれている抗真菌薬がありますが、アゾール系の場合は真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールの合成を妨げる事によって真菌の増殖を抑える作用があります。
それに対してポリエン系と呼ばれるものはエルゴステロールそのものを破壊する作用があり、真菌の細胞膜を破壊して細胞の中身を外に出す事によって破壊する事が出来ます。
キャンディン系と呼ばれるタイプの場合は、真菌の細胞壁に対して働きかける作用があり、細胞壁の構成成分であるグルカンを合成するための酵素の働きを阻害する事によって細胞壁を作れなくする事で真菌を破壊します。
この他にもアゾール系と作用機序はほぼ同じだが構造が異なるアリルアミン系などいくつかありますが、基本的な真菌に対する作用についてはここで述べた事を理解しておけば問題ないです。